東京五輪で出会いを

当サイトでは、東京で出会いを増やす方法、国際交流について紹介しています。日本を訪れる外国人旅行者数は年々増加しており、平成25年には初めて1,000万人を突破しました。その後も年々増加は続いており、オリンピック・パラリンピック東京大会が開催される平成32年には、世界各国からさらに多くの外国人旅行者が日本を訪れることが見込まれています。そのため、海外展開に意欲的な企業はもちろんのこと、飲食店や小売店といったサービス業の現場でも、語学力の必要性が高まっています。語学力を磨くことで、訪日外国人により行き届いたおもてなしをしよう、というものですが、日常生活においても、言葉の壁を取り除いた、さまざまな出会いが生まれることが予想されます。

オリンピックの試合を観戦することが待ち遠しいと考える一方、この機会に外国人との交流を深めることも、オリンピックの楽しみ方の一つと言えるでしょう。そういう意味では、オリンピックを国際交流のための場と見なせば、出会いのチャンスでもあります。オリンピックへ向けて、語学に挑戦し、ボランティアに参加し、率先して国際交流を深めるのも、世界各国の人脈を広げる要因になるでしょう。

外国人との親睦を深める方法は、日本人の友達を作るときと大差ありません。簡単に言えば、食事をするなどきっかけを作ることです。また、趣味やスポーツは境界線を取り除いてくれるので、親睦を深めることもできます。基本的には一緒になって行動すれば、知らず知らずのうちに打ち解けていきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket